➉田辺祭(たなべまつり)

田辺祭」は毎年7月24日・25日に行われる鬪雞神社の例大祭です。
旧城下の各商人町から8基の「おかさ」と言われる、
京都の衹園祭のような笠鉾が町中を練り歩き、街をあげた賑わいを見せます。
紀南地方最大の祭礼ともいわれ、紀州三大祭りにも数えられています。

白浜の花火大会と重ならないので、祭りに参加されても・・・。

2日間にわたって行われる田辺祭は各日程で見どころ満載です。
それぞれの日程の様子とピックアップした見どころをご紹介します。

田辺祭 宵宮(7月24日)

祭の始まり・神輿渡御(8:45頃~)祭は、24日の神輿渡御から始まります。朝、神輿は鬪雞神社を出発し、その行列は市内を通って江川漁港の御旅所へ向かいます。

神輿に続いて馬が3頭、化粧し狩衣を着た乗子と呼ばれる子供を乗せ、馬子に引かれて神社を出発します。

御輿行列は市内を江川のお旅所に向かいます。

お旅所勤め(10:50~11:50頃)

神輿の渡御に続いて、田辺祭の名物・「お笠」と呼ばれる各町の山車が江川のお旅所に向かいます。

お笠は田辺市内の本町・栄町・片町・北新町・南新町・福路町・江川町から出ます。ほかに紺屋町から衣笠・江川町から住矢が出ます。各町それぞれ趣向を凝らしたお笠は、祭りの2日間町中を引き回します。

お旅所では、神輿-馬-お笠の順に潮垢離などの神事を行います。

笠鉾巡行(13:30頃~)

江川漁港での潮垢離などの神事終了後、昼食をとり、午後、神輿を先頭にお笠などの行列が鬪雞神社に向けて出発します。

神輿は市内各所を回り、一足先に鬪雞神社へ戻ります。
お笠は「お宿」(各町内のお笠の世話役)や神社でのお勤めのため、神輿とは別行動となります。

鬪雞神社鳥居前参道曳き揃え(17:30頃)

お笠は夕刻に鬪雞神社に到着し、鳥居前参道に並んで夜のお勤めを待ちます。

鳥居前の勤め(19:00頃~)

午後7時頃からお勤め開始。
24日は本殿前には入らず、鳥居前でお勤めが行われます。

旧会津橋 曳き揃え(21:30頃)

お勤めの終了後、お笠に乗った子供の笛・太鼓の祭り囃子にのって各町にお笠を引き帰ります。
いくつかのお笠は会津川河口近くの会津橋に曳き揃えられます。
川面に美しい灯を映し出す、田辺祭の名物の一つです。

田辺祭 本祭(7月25日)

暁の祭典(4:30頃~)

まだ夜が明けない午前4時30分より、鬪雞神社にて暁の祭典が行われます。境内は昨夜の喧騒とはうってかわり、砂利を踏む音さえ響きわたるような静寂の中、粛々と行われます。「浦安の舞」の奉納も行われ、田辺祭の見どころの一つです。

七度半の使い・潮垢離勤め(12:30頃~)

25日、お笠は午前中各町を曳き廻り、昼前に会津川河口付近の旧会津橋に揃います。
橋の西詰(江川側)に住矢と江川のお笠2基、その他のお笠は東詰(市内側)に揃います。

午後0時30分頃、東詰から西詰の住矢に迎えの使者を出す儀礼があります。これを「七度半の使い」と呼び、東詰から2名ずつの使者が7度迎えに行き、最後に住矢が出発して橋の中程で8度目の使者と出会い、挨拶を交わして橋の東側に渡る儀式です。

橋の東詰には鬪雞神社の神官がおり、七度半の使いの儀式に引き続いて潮垢離の儀式が始まります。
住矢から順に潮垢離の儀式を行い、潮垢離が終わるとお笠は各町の曳き廻りに出発します。

宮入り(19:30頃~)

25日夜(午後6時頃)祭りはクライマックスの宮入りを迎えます。
それまで静かに行われてきた田辺祭りも、賑やかに最高潮を迎えます。 それまで街中を曳き回っていたお笠が夕刻に鳥居前参道に揃い、夜の宮入りを待ちます。

宮入りは、まず住矢から始まります。本殿前でお勤めを行い、鳥居横の土手まで走り、住矢を解体する「笠やぶち」を行います。(午後7時30分頃)

住矢の笠やぶちが終わってから、いよいよお笠の宮入りです。鳥居前参道に揃ったお笠が鳥居をくぐり、つぎつぎと境内に入ってきます。それまで静かだった境内には提灯を灯したお笠が勢ぞろいし、一気に絢爛な雰囲気に。

お笠は一基ずつ本殿前でお勤めを行います。お勤めの後、本殿前で回されるお笠もあり、厳かに進められる祭りの中で迫力のある瞬間です。

流鏑馬(21:20頃)

すべてのお笠のお勤めが終わった後、流鏑馬行事が始まります。田辺祭の最後を飾る行事です。
本殿前に参列した神職・社総代・宿等が鳥居前に移動し、流鏑馬が始まります。乗子3人が3頭の馬に乗り、各1騎ずつ3回、合計9本の射的を行います。夜遅くの行事ですが、多くの見物人が回りをとりまきます。(午後9時30分頃)

曳き別れへ(21:45頃~)

流鏑馬が終わって、祭は幕を閉じます。一番ホラが吹かれ、お笠は曳き別れの準備をします。
二番ホラを合図に、お笠は境内からつぎつぎと出てきます。先囃子の子供はお笠の上屋に乗り、賑やかな囃子や掛け声と共に各町に帰って行きます。各町の参詣人もお笠を取り巻き、祭を惜しむように曳き帰っていきます。 

祭の終わり ~別れの掛け合い~

鬪雞神社を出発したお笠は、お囃子と共に各町に帰っていきます。
会津橋を渡って帰る江川のお笠を、片町のお笠が見送りにきて、橋の上でお笠を向かい合わせて「別れの掛け合い」を行います。
幕が取り払われたお笠の下段で、お互いのお囃子が夜遅くまで鳴り響きます。


HOMEに戻る

Posted by lancelotjp